暑い夏に注意すること! | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2016年 7月 10日 暑い夏に注意すること!

こんにちは!

担任助手の高松です!

 

最近じめじめしていて、蒸し暑い日が続いていますね・・・

 

そんな日に気を付けたいのが

熱中症!!!

 

熱中症はただ気温が高い日にかかるものではなく、

湿度が高い日になる可能性が高くなります。

 

熱中症と言っても大きく分けて

3種類あること知っていますか?

その3種類をご紹介します!

 

まずは、熱失神

運動などによって、血管が拡張して、

血圧がさがることでなります。

頭が痛かったり、気持ち悪かったりするとき

熱失神を疑ってください。

 

次に、熱けいれん

汗が大量に流れ、体内の塩分濃度が下がることでなります。

また、水分を取る時に水やお茶など、

ミネラルの入っていないものばかり飲むことでも

なることがあります。

軽いものだと、

足をつったり、皮膚の薄いまぶたなどがけいれんしたりすることが症状です。

熱けいれんは室内でなることも多いので注意が必要です。

飲み物はミネラルの含まれるものを飲んでください!

 

最後に、熱射病

熱中症の中で一番危険なものです。

体の体温調節ができなくなり、体が熱を持った状態となることです。

最悪の場合では、死に至ることもあります・・・

 

 

熱中症は予防できるものです。

なるべく風通しの良い服を着たり、

校舎で勉強するときもお茶ばかりではなく、

スポーツ飲料を飲んだりすることを意識しましょう!