インターンシップへいってきました。その2 | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 9月 21日 インターンシップへいってきました。その2

こんにちは!担任助手の栗山です。

今日も、自分のベトナムインターンでの学びをまた少し紹介したいと思います。

2週間のうち、3日間をベトナム中部にあるホイアンという街で過ごしました。世界遺産にもなっていて、日本の京都を髣髴とさせる静かで綺麗な街でした。

そこで、ベトナムの環境問題に取り組んでいる日本人の女性にお会いしました。

ホイアンには、地元の人たちが生活に使っている井戸があるのですが、そこの井戸の水の水質を調査したところ、とても飲めるような水ではないことを知って、ベトナムの環境省に訴えたそうです。しかし、井戸を使えなくしてしまうと現地の人たちの生活が立ち行かなくなってしまうということで、この訴えが公表されることはなかったそうです。

そこで、経営しているカフェで、水を浄化・循環させるシステムを作ったり、現地の大学生たちにこの問題を伝える活動をすることで、この問題についての理解を広めているとのことでした。

 

皆さんご存知の通り、ベトナムはアジアでも有数の新興国で、どんどん発展しています。

しかし、同時に前回紹介した貧富の差による教育の問題や、環境問題が発生していてしまっているんですね。これは、日本でも起こっていたことで、戦後の高度経済成長で一気に発展した傍ら、公害など様々な問題が発生したことは皆さんも知っていると思います。

この女性は、その二の舞にならないためにもこの活動をしていると仰っていました。

 

日本国内にも沢山の問題がありますが、世界に目を向けるとそれとはまた違った種類の問題がたくさんあります。

ぜひニュースや本などで、たくさんの知識や教養を身につけてください!そこから自分が将来やりたいことがみつかるかもしれません^^