サイエンスセミナー | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 9月 8日 サイエンスセミナー

みなさんこんにちは!東進ハイスクール国分寺校担任助手北純平です!

今日はサイエンスセミナーについて紹介したいと思います。

まず、サイエンスセミナーとは各分野最先端の研究を行う若手研究者へ「永瀬賞」というものを贈り、受賞された先生方の講演をしていただくというものです。

今回講演していただく先生方を紹介します。

まず、永瀬賞最優秀賞を受賞した高橋和利先生です。

京都大学でiPS細胞の研究をしている先生で、去年ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授も、右腕として10年以上共同研究を行いiPS細胞開発に貢献しました。

「彼がいなかったら確かに出来ていないと思うんですね。」といわれるほど山中教授からもかなり厚い信頼を受けていたそうです。

講義ではiPS細胞に至るまでの生命科学について、その研究の醍醐味も含めお話をしていただきます。

次に、永瀬賞特別賞を受賞した長谷川祐司先生です。

オーストリアの名門大学であるウィーン工科大学の准教授を勤め、高校物理の教科書にも記載されている先生です。

講義では、現代の携帯電話やコンピューターを始めとするエレクトロニクス産業の基盤となる量子力学の基盤となる実験についてお話をしていただきます。

2人の先生とも高校生にわかりやすいように講義をしてくれます。

興味のある人は、参加してみてください!

日時は9月27日の17:00~19:30で、参加費は無料

場所は帝国ホテルです。

高校生でこの講義を無料で聞くことができるのはとても貴重な経験だと思います。

ですから、いくことのできる人はぜひぜひお申込みください!学力POSから申し込むことができます。

定員になり次第締め切りになってしまうので、はやめに申込みをしましょう!!