センター試験本番レベル模試 | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 8月 26日 センター試験本番レベル模試

こんにちは!担任助手の木村です。

昨日はセンター試験本番レベル模試が行われました。

今回も大学を会場としてお借りして本番さながらの雰囲気でしたが、

高3生のみなさんは夏の成果をだせたでしょうか?

 8月に受けた模試で目標点をとれた人はこの夏の自分の頑張りをほめてあげてください!

二学期以降もその調子でがんばりましょう!(^^)

 

そして目標点を取れなかった人、落ち込むのはまだ早い!

夏休みに壁を越えることが出来ず、二学期以降猛烈に努力して第一志望校に見事合格したという人も少数ですがいます。

 

ではその人たちの共通点とはなんでしょうか??

 

それはやると決めたことを徹底的に完璧になるまでやっていたことです

東進ハイスクールの講座には毎回授業の終わりに確認テストがついてきます。

その回の授業の内容が理解できたかを確認するテストで8~9割(S判定)で合格となり次の講に進めます満点(SS判定)を取るのが望ましいのですがS判定で合格なので8割で終わってしまう人が多いですしかし、逆転合格を果たした人はみなSS判定を取ってから次の講座に進んでいます。講座終了の際に受ける修了判定テストもSS判定を取っています。

またこの人たちのすごい所は、SS判定を一発で取ってくる所!

一発でSS判定を取るには、授業中に講義内容を完璧にする必要があります。

夏に出遅れてしまった人たちなので、時間が足りません。先生の言葉を聞き漏らさないように集中し、頭をフル回転させて理解していると思います。

時間内に完璧にすることを心がけましょう。

 

今のは東進のコンテンツを例にだしましたが、それ以外も同じことです。

英単語や理科・社会の暗記は、いちいち考えたり選択肢を見て答えが分かるレベルでは足りません。なにもなくても

単語がでてくるくらいまで、こだわって暗記しましょう。

暗記事項は一気に暗記する方が大量に覚えられます

短期記憶は忘れやすいですが、復習を怠らなければ完璧になります

 

夏休みは終わってしまいますが、受験はまだまだこれからです

自己分析をしっかりして自分にあった計画をたてていきましょう!