今週の1冊 ♯5 | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 6月 13日 今週の1冊 ♯5

こんにちは!関東地方の梅雨入りが発表されてから2週間近くたちましたが、このところじめじめした日が続いて、いよいよ梅雨という感じになってきましたね><

さて、今週の日曜日はセンター試験本番レベル模試です。夏期合宿に参加する人はこの模試でクラスが決まります。勝負ですね!そうでない人も、夏への課題が見えてくる大事な模試です。勝負ですね!

ということで、今週は勝負に関する本を紹介します↓

林成之『<勝負脳>の鍛え方』講談社現代新書(2006)

<勝負脳>という言葉は著者の造語です。この本は、スポーツや勉強、ビジネスなど、結果を出すことを求められる場面で、自分の力を全開に引き出す能力<勝負脳>の鍛え方について書かれています。

著者は脳外科医の先生なのですが、北京オリンピックで金メダルを獲得した北島康介選手にもこの<勝負脳>のレクチャーを行っていたそうなんです!レース後のインタビューでもこの勝負脳に関する発言がありました。

また、この言葉は4月の生徒説明会でも出てきましたよね!覚えていますか?この本にはその時話した内容がより詳しく書かれています。

その中に、人間が目的を達成するために必要な3つの作業について書かれていたので、今日はそれを紹介します↓

①目的と目標を明確にする

②目標達成の具体的な方法を明らかにして実行する

③目的を達成するまで、その実行を中止しない

①と②は、毎週のグループ面談や、先月のロードマップ作成会で達成しましたよね!問題は③です。

③は、簡単に言えば持続力ですよね!継続は力なり。とても大事です。

皆さんの中に、結果がでないとすぐあきらめてしまったり、途中でやり方を変えてしまう人はいませんか?人間努力したら結果がほしくなるものですが、殊と勉強に関しては、努力に即効性はなかなかないものです。音読がいい例ですよね。

また、結果が出ないと、自分のやり方が間違っているかと不安になるかもしれませんが、そんなときは担任助手の先生に相談してみてください!正しいやり方を教えてくれるはずです!

ということで、センター試験本番レベル模試まで今日を入れて残り4日、できることを全てやりきって当日模試に臨んでください^^

 

栗山