刑事裁判について | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 5月 21日 刑事裁判について

こんにちは、担任助手の荻原です。

一週間前の月曜日、大学の課題で、僕は東京地方裁判所で刑事裁判を傍聴してきました。裁判を傍聴するのは初めてだったので緊張しました。

しかし、裁判はよく考えると残酷ですよね?特に裁判官は、被告の人生に直接的に影響を与えるのですから。その人の人生が、その場で決定されるって、とても重大なことです。裁判に携わる人達は重大な責任を感じていることでしょう。

でも、「その人の人生がその場で決定される」って、何かと同じですよね?そうです、入試です。入試もその人の人生を大きく左右すると思いませんか?僕は担任助手として、生徒に影響を与える立場にいます。そういう立場にいるということの責任を噛み締めて仕事していきたいです。

僕自身の自己満足に陥ることなく、生徒のために頑張ろうと思います!!!