単元ジャンル演習の効率的な活用法 | 東進ハイスクール 国分寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 9月 13日 単元ジャンル演習の効率的な活用法

こんにちは、今日は単元ジャンル演習の効率的な進め方についてお伝えします。

単元ジャンル演習をすでに始めた人も多いと思います。

しかし、過去の模試の成績や過去問の結果などから分析された苦手分野が中心となっているので、

効率的に進められるどころか、苦戦してしまうこともあるでしょう。

例えば、問題を解いてもわからない場合は、

その範囲を演習する前に一度教科書や参考書などを使って苦手分野として示されたところの復習をしてから演習に進むことも有効です。

AIによって分析された苦手分野は、演習に用いるだけでなく、

自身の勉強の優先順位・指標として活用することが出来ます。

また、答案返却に時間がかかることもあるので、

答案返却される前でも、解答解説を参照して、解いたその日に復習をしましょう。

そして答案返却がされたら、添削などを見てもう一度自分の間違いを確認して二重で復習をすることがおすすめです。

演習量が増えてくるからこそ、解きっぱなしにせずにその日のうちに復習をすることが重要になります。

あまりにも行き詰ってしまったら表示順を変えて取り組んでみるのも効率的に進めるための方法として挙げられます。

この秋に単元ジャンル演習を有効活用して、演習量を確保し、

志望校合格に向けて頑張りましょう!

次回は梅林担任助手が難関有名大模試について紹介します、お楽しみに!