夏休みを有効に使うために・・・ | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2016年 7月 4日 夏休みを有効に使うために・・・

こんにちは!岡田です!

期末試験真っ只中の高校生のみなさん・・・

「終わったら少し遊ぼう!!」

 

なんて考えてませんか・・・?

 

そう思っている人がいたら危険!!!

 

テストが終わっても勉強しましょう!!

 

私が受験生の夏に東進でどのように時間を使っていたのか紹介します!

7:00 登校

毎朝7時に必ず登校し、高速基礎マスター英単語1800の修了判定テストを必ず受けていました。

 

7:15 1限 センター過去問

英、国、数のいずれかのセンター過去問を解き、出来が悪かった大問は翌日の大問別演習のテーマにしました。

 

9:00 2限 センター過去問解説授業を受講!!

1限の時間に解いたセンター過去問の解説授業をすぐに確認しました。

時間を空けると何をどうすればよかったのかが分からないまま次に進むことになってしまうので、すぐに復習することが大切です!

 

10:45 3限 大問別演習をひたすらやる①

家で印刷をした大問別演習をとにかくやりました。

英語は大問1,4、大問2,5、大問3,6を、国語は大問1,3、大問2,4を日ごとに回し、数学とリスニングは毎日大問1つずつ必ずやっていました。

これを毎日やるだけですごい演習量になり、センターの問題に慣れることができました!

 

13:15 4限 2次対策の勉強

数学Ⅲの勉強を主にやりました。学校の問題集を解いたり、受講の復習をしたりすることで、少しずつ2次のレベルの問題が解けるようにしました。

 

15:00 5限 理社の勉強

理社はどちらもセンターだけだったので、毎日演習をすることで穴をなくしていきました。

ここまでで、受験に必要な科目は全部触れました。

 

16:30 6限 大問別演習をひたすらやる②

今度は理社の大問別を徹底的にやりました。

理社は多く単元があるので、しっかりと復習をして同じミスをしないように教科書や受講のテキストを読み返しました。

 

18:15 7限 その日やったことの総復習+やりきれなかったこと

この時間が一番大事だと思っています!1日の勉強でもう一回復習することでその日のうちにすべて身に付けることができます!

 

私はセンターの比重が大きい大学だったので、センターを中心に勉強をしました

自分の志望校に対する位置と自分の差を埋めるために何が必要なのかを考えて学習計画を立てましょう!!