朝型のすゝめ | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 12月 14日 朝型のすゝめ

こんにちは、今年もあと少しだなんて早いですね!

さて今日は朝型になることの重要性についてです。 自分も受験生の頃は夜型で2時3時まで起きては辛い朝を迎えていました、そのせいで起きるのがお昼ごろになるということもしばしば、結局時間を無駄にしてしまいました…。

受験直前になんとか矯正して大学生になって朝型生活のすばらしさを実感しています^^ 受験生の皆さんは寝る間も惜しんで勉強をしたいと思いますが いくら勉強がしたくても6時間前後の睡眠時間は確保しなければなりませんし、人間も動物なので日の光を浴びると目が覚めます。 結局同じ時間活動するのであれば朝しっかり起きて夜はあまり遅くならないうちに寝るのが一日の効率のよい使い方ですよね! また朝起きて朝食を食べてから2時間経たないと脳が完全に働きださないという統計があるそうです。 もちろん起きた瞬間にがつがつ朝食も食べれないと思いますので 試験本番は起きてからテストの始まる時間まで少なくとも3時間は欲しいところですね。

そしてなんといってもこの時期の受験生が一番気をつけなければいけないのは体調管理ですよ!いまさらですがインフルエンザの予防接種はみなさん受けましたよね?

 さあ試験本番で自分の全力を出すために、今から朝型生活に切り替えましょう!

栗山