模擬裁判について | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 10月 19日 模擬裁判について

こんにちは、担任助手の荻原です。

今日は僕の所属しているサークルについて紹介しようと思います。僕は現在、早稲田大学国際法研究会というサークルに所属しています。早稲田大学国際法研究会は毎年模擬裁判大会(JapanCUP、ASIA CUP、JESSUP CUP)に出場しています。

では、模擬裁判とはどのようなものなのでしょうか?

模擬裁判とは、架空の事件(争いごと)について、それに関連する法律の知識を駆使し、原告と被告それぞれの立場から、自国の主張が通る形で問題が解決するように立論・主張し、そのできを競うものです。つまり、実際の国際裁判とほぼ同様のことを架空の設定で行うのです。

僕たち大学一年生は11月9日の秋の模擬裁判大会で初めて他大学と争います。現在はまだ準備段階です。しかし、準備自体もめちゃくちゃ楽しいです。始めは調べごととかも面倒だな~とか思いながらやっていたのですが、使えそうな判例とかそういうのを発見するうちにだんだんと楽しくなりました。

来年からは僕もJapanCup、ASIACUP、JESSUP CUPに出場します。優勝できるように頑張りたいです