模試の復習のやり方(^^) | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 6月 22日 模試の復習のやり方(^^)

こんにちは。竹川です!!

先週はセンター試験本番レベル模試でした(^^)

皆さんはその後きちんと模試の復習はしましたか??

模試では、簡単な問題から難しい問題まで色々ありますが、間違いなく重要な部分、

ここは知っておいてほしいなという部分が沢山出題されます。

一問だけとかではなく、沢山問題を出してみて受験生が確実に知ってるか知らないかを出題者はチェックしたいですよね。

でもたくさんの問題を出したら時間が長くなるし、沢山は出せません。

だからその代わりに、一問あたりに色んなエッセンスがギュッと詰まってる問題を出そうと、出題者は考えています。

重要事項がぎっしりつまったこの問題を復習することで自分の苦手、弱点を知ることが出来るのです。

そこで、今日は模試の復習の仕方(主に英語)について書いていきたいと思います。

1、模試の丸付けをする。

ここで、すんなり解答できた問題に○、たまたまできた問題に△、できなかった問題に×をつけます。

2、たまたまできた問題、間違えた問題の解説を見て理解する。

もし理解できなかったら、文法書や辞書を使ってわかるまで調べる。

(^^)point!!{私の場合調べたことや、解説を問題にオレンジ色のペンで書き込んでいました。

3、間違えたところを覚える。

(^^)point!!{通学の時とか、学校の空き時間を使って覚えると効率が良いです。すき間時間を活用しよう!!

4、再テスト。

模試を受けた一週間後にもう一度同じ問題を解き直しします。問題にオレンジのペン等で書き込みをした場合は

赤シートでその部分を隠しながら解くと良いです。

5、最後に

再テストで間違えた部分は自分の弱点なので、模試専用ノートを作成して書き残しておこう。

次の模試の前日や、入試本番の前にノートを復習することで、かなり点数アップにつながりますよ♪

今月の23日(日)は塾内合宿を行います。午前は9時から英語の模試の解き直し会をやるので、積極的に参加しよう!!