模試の復習方法 英語 | 東進ハイスクール 国分寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 4月 24日 模試の復習方法 英語

第二回共通テスト本番レベル模試お疲れさまでした。

模試の後はすぐに自己採点を済ませましょう。

それを済ませたら早いうちに復習に入ることが大切です。

今日は英語の復習方法についてお伝えします。

【リーディング】

共通テストのリーディングに苦手意識を思っている人も多いと思います。

模試で練習を積み、復習をして慣れていくことが大切です。

まず、共通テストは量が多く全文訳をするのは時間の無駄です。

間違えた所や、読んでいてわからなかったところを、解答解説や解説授業を確認して読めるようにしましょう。

次に共通テストの単語は全ての入試の基礎となるものが多く、

わからない単語があった場合は、

高速基礎マスターなどを活用して必ずすぐに覚えるようにしましょう。

模試はあくまでも間違いや失敗を本番でしないようにするためのものです。

復習も解き直すだけでなく、次につなげられるようにするために分析が必要です。

リーディングでは時間が足りないという人が多くいます。

例えばそれを解決するためには、

文章が長くなる後半にどれくらい時間がかかるのかを計ってみて、

前半にかけられる時間を逆算してみるのがおすすめです。

【リスニング】

間違えたところや聞き取れなかったところは、

スクリプトを確認して何故間違えたのか、

自分がどんなところが苦手なのかを認識して、

その練習をして慣れることが大切です。

例えば私は、イギリス英語が苦手だったので、

BBCの英語学習用のコンテンツを利用していました。

 

このように、模試を受けっぱなしにせず、

次に活かせるような復習をするように心掛けましょう。