気になる職業(^^)パート⑧ | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 8月 28日 気になる職業(^^)パート⑧

こんにちは(^^)竹川です

25日のセンターレベル模試はどうでしたか?

結果が良かった人や悪かった人もいますが、大切なことは

模試の復習をして次回の点数upのために自分の弱点を見つけることです(^^)

では、今回の気になる職業は「ソムリエ」についてです!!

*ソムリエの仕事内容*

ソムリエの仕事内容は、レストランやホテルなどで料理やお客の趣向などを考慮しながら、最適なワインを選択することです。

ワインを選択するだけではなく、ワインの仕入れ、ワインの貯蔵庫であるワインセラーの在庫管理やワインリストの作成などの仕事もあります。

ソムリエには、丁寧な言葉遣い、無礼のない立ち振る舞いなどワインの知識のみでなく、接客業としての総合的な能力が求められます。

毎年新しいワインが出てくるため、毎日が勉強の連続になるでしょう。

勤務先は一般的に高級とされるフランス料理店やイタリア料理店など。
小さなレストランではソムリエとしての需要は発生しにくく、シェフやウェイターがその役目を果たす事が多いです。

勤務時間はレストランが開いている時間になるため、夜を中心に深夜までの長時間になることが多いです。
休日は他のサービス業と同様に週末が休みでは無く、平日になるようです。

*ソムリエのなり方・仕事のつき方・就職転職*

ソムリエになる為に必要な資格や技術は特になく、ワインを取り扱う飲食店でワインを主に取り扱う業務を行っていれば、ソムリエと名乗ることができます。
ソムリエを名乗る為の必要な国家資格は無いため、簡単にいえば誰でもソムリエと名乗ることができる現状にあります。

そうはいっても、誰でもソムリエを名乗ることは常識的では無く、ある程度のサービス経験がないと厳しいでしょう。

とりあえずは、どこかのワインを扱うお店(ホテルや高級レストランなど)で働き、ワインについての知識をつけていくことがソムリエになるために必要といえるでしょう。

民間資格として日本ソムリエ協会が認定する「ソムリエ呼称資格認定試験」があり、この資格を取得すればソムリエとしての信頼度が一層上がります。
この資格試験は、アルコール飲料を取り扱う飲料サービス店での実務経験が3年以上なければ受験することができません。

ソムリエになるための進学先としてはホテル・観光系の専門学校に進学することが良いでしょう。
理由はソムリエ養成の講座を開講しているところもある上に、主な就職先であるホテルにはソムリエの需要が多くあるためです。

とはいえ、上記に書いたようにソムリエに資格は必要ではないため、ソムリエ養成の学校などに通わなくても、レストランでしっかりと経験を積めば立派なソムリエになることができます。
その場合は、どうやってレストランに採用されるか!が問題になるかも。

*ソムリエの年収・収入・給料は?*

ソムリエの年収は300万円~600万円程度が一般的。
しっかりとした経験・能力のあるソムリエで1000万円くらいとか。

ソムリエが活躍しているレストランは、高級なレストランなどが多く、著しく収入が少ない状況にはなりにくいようです。

どうでしたか?次回もお楽しみに!!(^^)