LHR | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 9月 6日 LHR

こんにちは!東進ハイスクール国分寺校の北です!

本日は9月4日、5日に行われた高校3年生対象のLHRについてつづりたいと思います。

流れとしては、まず中山校舎長のほうからのお話があって、鈴木担任助手による英語でのMy dream speech、そして最後に3年間国分寺校で担任助手を務めていた金澤さんから就活報告会をしていただきました。

 

今回のLHRを通じてぼくがみなさんに伝えたいことは、大学合格が最終目的ではないということです。

鈴木担任助手によるMy dream speechの意義を説明すると、現在グローバル化が進んでいる現代社会において共通語として扱われているのは、英語です。

英語が使えることはビジネスにおいては必要不可欠なことだと言われているような時代です。

大学受験で学んだ英語の勉強では使い物になりません。だから、大学に行って、もっと英語のスキルを磨いていかなくてはいけないということを示しているのです。

そして、金澤さんの就活報告会は大学を卒業して仕事に就くときの経験談でしたよね。

要するに、大学にいくことで勉強が終わるわけではないということです。

自分の夢や目標をかなえるために、大学にいって必要な能力を身に付けていくのです。

ですから、人生のもっと先のことに視点を当てて、大学受験は通過点だということを念頭において勉強に取り組んでみてください!