Self-Introduction In ENGLISH | 東進ハイスクール国分寺校|東京都

ブログ

2013年 5月 20日 Self-Introduction In ENGLISH

こんにちは!担任助手の鈴木です。

昨日は東進ビジネススクールで行われている。「MBA流ケーススタディ型講座」の第一回目に参加してきました。それってなんぞやと思う人が大半だと思います。しかし「MBA流ケーススタディ型講座」の内容については、また後ほど詳しく、自分が講座を全て受け終わった時に紹介しようと思います。

この講座の第一回目として、みんなの前で英語で自己紹介をすることになりました。勿論全員やります。一人一人みんなの前で(35人ぐらいいたかな?)英語で自己紹介することになりました。一人2分前後だったので結構長かったです!笑 普段、英語で自己紹介する機会はあまりなかったので自信はありませんでした。さらに、海外経験ある人が多く、皆さんの自己紹介の中には、笑えるようなフレーズも多く、自分も英語でユーモアを入れられるぐらいの英語力をつけたいと思いました。自分の番がまわってくるまでに何を話そうか色々考えていました。ここで、自分が話した自己紹介を紹介したいと思います。(突然だったので、文法や単語が間違っているところもあるとおもいあますが、ご了承ください。)

Hello, everyone. Nice to meet you. I’m Hiroyuki Suzuki. I’m a sophomore of the university of Saitama. I major in Education. My hobby is ridding a motorcycle. I belong to the local baseball team. After this session, a baseball game will be held, so my clothes is like that. (ここで自分はパーカーに短パンという、いかにもこれからスポーツにいきますという格好をしていました。ここで少し笑いをとれたかな?) I wanna be an English teacher who can teach pronunciation well. Then, imagine the situation. If you order ‘ lice ‘ , meaning ‘ rice ‘ in a restaurant, the waiter will not misunderstand you because ‘ lice ‘ is not on the menu. I think it is not good! The work of an English teacher is to help students acquire good English which can be understood easily without guessing from the context or something. So, I wanna be an English teacher who can teach especially speaking.

といったかんじでした。難しい単語はほとんど使っていません。スピーキングは、いままで習ってきた単語だけで、十分に話せるのです。これで皆さんも少しは英語で自己紹介に興味をもってくれたかな?自己紹介が一番取り組みやすい課題でもあると思います。

みなさん、将来英語を使うかどうかは分かりません。ですが、これからは、今よりもいっそう英語が必要な時代が来ます。受験勉強が社会で使える英語の基礎になります。そのために受験勉強の英語をしっかりとすすめてください!